あなたがカウンセリングを受ける前の不安は何でしょうか?
初めて会うセラピストにこんな事話していいのか?
もしかしたらセラピストに嫌われないかな?
変な人と思われたり軽蔑されてしまうのでは?
そのような不安が生まれるのは当り前です。

この悩みを人に言ったら自分がダメな人間と思われるかも?
きっと自分の気持ちを理解してもらえない。
もしかしたら自分が相手に責められるかも。
人にこの秘密がばれるかも。
こういった心配があったら、どんなにつらくても
悩みは自分の胸にしまって誰にも言えませんよね?

でも一番嫌なのは、人に話してまた傷つくのが怖いのです。
意を決して、自分のつらい過去の出来事を話したのに
もし相手が「それはあなたにスキがあったからじゃない?」
とか「あなたの意思が弱かったからじゃない?」などと意見を言われたらどうでしょう?
また「もっとこうすべきだ」「もっとこうあるべきだった」とアドバイスをされたらどうでしょう?
もちろん相手は良かれと思って言ってくれるのですが。
また「あなたは罪深い」「あなたはひどい人間だ」と思われたら・・
あなたは二度傷つくことになります。

カウンセリングを受ける時にも同じ不安が頭をよぎるのです。
そうなれば、
絶対にセラピストに心を開けないと思います。
時々、カウンセリングを受けて傷ついたという話を聞く事があります。
それは本当に気の毒な事です。


セラピストは自分の解釈で相手を見ない訓練を積みます。
クライアントのとった行動をジャッジすることはありません。
つまり良いとか悪いの判断をしないのです。
それよりも、なぜその行為をしたのか?
その時にどれだけ傷ついていたのか?
何をがまんしていたから、そのような言葉を言ったのか?
なぜ自分を否定しているのか?
どうして自分を良くないと思ったのか?
このような視点で話を聞いています。

私は常にクライアントの心に寄り添いながら、悩みを聞いています。
どうぞ安心して、どんな悩みでもお話ください。
ご自分の中にある醜さ、嫉妬深さや汚さ、情けなさや罪深さ・・
何があっても大丈夫です。
絶対に判断を致しません。秘密も守られます。
誰にも話せないつらい気持ちをカウンセリングで伺います。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です