心のブレーキをゆるめる

何も起こっていないのに、そこに不安を感じている。

例えば、人前で発言するのが怖いとき、
大勢の人たちの視線をどんな風に感じているのでしょうか?
「みんなが冷たい目で見ているように感じて緊張する」
事実はただ、
何十人かの人が自分を見ているだけです。
みんなが冷たい視線で自分を見ている
怖いと解釈して体の緊張が起きているのです。
もし、みんなが嬉しそうに自分を見てくれている♪
自分を応援してくれている♪
そのように見えたら緊張感はどうでしょう?
無意識にしているこの解釈は、自分のインナーチャイルドの反応なのです。

では、このようなインナーチャイルドの
怖さを緩めるにはどうすれば良いのでしょう?
大きな声を出したり、話すトレーニングをする
このような訓練をすることが有効でしょうか?

まず、この怖さがどうして起きているのか?
この理由を理解していく必要があります。
行動が出来ないのは、
インナーチャイルドが自分を守っているからなのです。
もうこれ以上、傷つかないようにしてくれています。

ですから、この警戒感をセラピーで
癒して怖さを緩めてあげます。
また、誤って学んだことを学習しなおす必要もあります。

カウンセリングでは、
どのような解釈しているかを
知るためにさまざまな質問をします。

人前で、発言して
「失敗して大勢の人に笑われて恥ずかしかった」

この体験が心の傷として残っている場合、
インナーチャイルドは自分を守るために、行動にブレーキをかけます。
人前に立って発言する→人の目→
冷たい目に(見える)→攻撃・笑われる→怖い→体の緊張→発言が出来ない
(こんな風に見えていたらリラックスできないですね)

セラピーで凍り付いた感情を解放します。
「本当は笑われても大丈夫」
「失敗しても大丈夫」
「自分はなんとかやれる」
こんな風に潜在意識にインプットをする事が
可能になります。

もしあなたが不安な気持ちで
なにかしたいのに出来ないとしたら
心の声を聞いてあげましょう。
自分の本当の望みはなんでしょう?

潜在意識のセラピーで解決していきましょう。
あなたの本当の望みのために。

カウンセリングをご希望の方は
オンラインセッションを
お申込みください。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければご協力お願いします

セラピーのご感想をいただきました

先日、セラピーを受けて頂いた方よりご感想を頂きました。テーマは「理由は分からない不眠、なんとなく体調が悪い」ここからお話を伺いながら心の中をみていきました。ブログ掲載の許可のもとご紹介させて頂きます。

原因不明の心身の不調と不眠に不安を覚えてフェルトセンスタッピングを受けてみました。

穏やかな雰囲気の中、最近の状況や身体の感覚についてお話ししているうちに自分では全く気づかなかった事がセッション中にどんどん引き出されて、自分が持っていた”思い、ビリーフ”を知りました。

セッションでは他者に対する不満や怒り、自信のなさ、恐怖となっていた事が何度も何度も自分の言葉で繰り返されました。また、どうしても“思考”が優先的に出てきてしまい、それをよしこさんがうまく“感覚”や“感情”にアクセス出来るようにリードしてくださって、心の奥に埋まっていた思いが芋づる式に出た来ました。自分の心の奥にあった“思い”に気づくと自分が吐き出した言葉が腑に落ちる感覚が妙に心地よかったです。

不安や怒りは消えてとてもニュートラルな状態でセッションを終えることが出来ました。

自分の思いから身体症状が出ていたことも気づくと、セラピーを受けた後は心も身体も軽くなりました。

今は同じ状況に陥っても”本当は何も恐れることはないんだ”と不安になることが少なくなり、不思議と落ち着きを取り戻すことができるようになりました。本当に楽になりました。

また、このセッションをプロの手助けを借りる事によってより効果的にセラピーを進めることが出来るのだと、実感しました。 またもっと深く繋がっている”思い”をもっと知りたいと思うようになりました。

 

以上がクライアントさんのご感想です。

相手の行動や考えは誰のものでしょうか?私が何とかできることでしょうか?

きっとできないですよね?いえ、絶対に何もできないのです。

例えば、相手が怒った表情で話してきたとします。私の頭の中に「本当は相手がもっと親切な態度をとってくれたらいいのに」「相手はもっと穏やかに話すべきだ」「ひどい人だ」「私をばかにしている」「和を乱すひとだ」・・・いろいろな思いが浮かんで怒りがでてきます。

浮かんでくる思いは自然なことです。でも、もしこの思いが浮かんでこなかったらどうですか?ちょっと想像してみてください。どうでしょう?・・・・

もしこの「相手は親切な態度をとるべきだ」という思いが浮かんでこないとしたら、相手はただ話をしてきただけです。(相手が怒ったというのは私の解釈です)相手はただ話をしているだけだとしたら、怒りは出てこないのです。

この怒りを生み出しているのは自分の思い(相手はこうするべきだ、相手はこうあってはいけない)にあるのです。

現実には相手がどんな態度で話してこようと関係ありません。

苦しみを生み出しているのは自分の思いなのですからね。

現実に起きていることを変えようとしている自分の考えこそが自分を苦しめているのです。

相手の行動や考えに自分が介入することはできないのにもかかわらず。

でもこれは理解しようとしてもなかなかできません。なぜって思いには感情が伴うからです。

この感情をセラピーで解放していきます。そうなんです、頭での理解より体験のほうがよりパワフルで腑に落ちます。