セラピーのご感想をいただきました

先日、セラピーを受けて頂いた方よりご感想を頂きました。テーマは「理由は分からない不眠、なんとなく体調が悪い」ここからお話を伺いながら心の中をみていきました。ブログ掲載の許可のもとご紹介させて頂きます。

原因不明の心身の不調と不眠に不安を覚えてフェルトセンスタッピングを受けてみました。

穏やかな雰囲気の中、最近の状況や身体の感覚についてお話ししているうちに自分では全く気づかなかった事がセッション中にどんどん引き出されて、自分が持っていた”思い、ビリーフ”を知りました。

セッションでは他者に対する不満や怒り、自信のなさ、恐怖となっていた事が何度も何度も自分の言葉で繰り返されました。また、どうしても“思考”が優先的に出てきてしまい、それをよしこさんがうまく“感覚”や“感情”にアクセス出来るようにリードしてくださって、心の奥に埋まっていた思いが芋づる式に出た来ました。自分の心の奥にあった“思い”に気づくと自分が吐き出した言葉が腑に落ちる感覚が妙に心地よかったです。

不安や怒りは消えてとてもニュートラルな状態でセッションを終えることが出来ました。

自分の思いから身体症状が出ていたことも気づくと、セラピーを受けた後は心も身体も軽くなりました。

今は同じ状況に陥っても”本当は何も恐れることはないんだ”と不安になることが少なくなり、不思議と落ち着きを取り戻すことができるようになりました。本当に楽になりました。

また、このセッションをプロの手助けを借りる事によってより効果的にセラピーを進めることが出来るのだと、実感しました。 またもっと深く繋がっている”思い”をもっと知りたいと思うようになりました。

 

以上がクライアントさんのご感想です。

相手の行動や考えは誰のものでしょうか?私が何とかできることでしょうか?

きっとできないですよね?いえ、絶対に何もできないのです。

例えば、相手が怒った表情で話してきたとします。私の頭の中に「本当は相手がもっと親切な態度をとってくれたらいいのに」「相手はもっと穏やかに話すべきだ」「ひどい人だ」「私をばかにしている」「和を乱すひとだ」・・・いろいろな思いが浮かんで怒りがでてきます。

浮かんでくる思いは自然なことです。でも、もしこの思いが浮かんでこなかったらどうですか?ちょっと想像してみてください。どうでしょう?・・・・

もしこの「相手は親切な態度をとるべきだ」という思いが浮かんでこないとしたら、相手はただ話をしてきただけです。(相手が怒ったというのは私の解釈です)相手はただ話をしているだけだとしたら、怒りは出てこないのです。

この怒りを生み出しているのは自分の思い(相手はこうするべきだ、相手はこうあってはいけない)にあるのです。

現実には相手がどんな態度で話してこようと関係ありません。

苦しみを生み出しているのは自分の思いなのですからね。

現実に起きていることを変えようとしている自分の考えこそが自分を苦しめているのです。

相手の行動や考えに自分が介入することはできないのにもかかわらず。

でもこれは理解しようとしてもなかなかできません。なぜって思いには感情が伴うからです。

この感情をセラピーで解放していきます。そうなんです、頭での理解より体験のほうがよりパワフルで腑に落ちます。



フェルトセンス タッピングの感想を頂きました

今月からスタートしたフェルトセンス・タッピングのモニターに
たくさんのお問い合わせをいただいています。
ありがとうございます。
セラピーを受けるというと、何か怖いことをされるのでは?とか
自分の心にあった悩みを知らない人に話すなんて・・・
このような心配をされる方もいらっしゃると思います。

セラピーは決して怖いものではありません。
また、私が何かを行うこともございません。
静かに自分の心と向き合うプロセスをセラピストは
見守るというスタンスです。

先日、フェルトセンス・タッピングのセラピーを受けてくださった
モニター様よりご感想を頂きました。
承諾の上、ご紹介させて頂きます。
以下より

「感覚を丁寧に追って、的確にリードしてくださったよしこさんのお陰で、
自分が認めたくなかったイタい私に出会えました。
どんな自分が出てきても、よしこさんがしっかりとそこで
受けとめてくれているという安心感があり、
信頼して自分を出すことができました。
ありがとうございました。
自分の心の深いところと向き合うことは、
まったく未知の自分に会いにいくようで、
時に勇気が必要かもしれません。
けれど、批判もアドバイスもせずにただそこで受けとめていてくれる
セラピストさんと一緒ならば、心の深みにダイブしていくのは
「置き去りにされた自分を迎えにいく忘れられない旅」になると思います。
自分と向き合いたいけれど、1人ではどうしていいかわからないという方に、
よしこさんとのセッションをお勧めしたいです。
セッションはSkypeで受けましたが、
よしこさんの温かくて落ち着いた雰囲気が
とても素敵なので、いつか対面で受けたいなぁと思いました。」

A様、丁寧なご感想をありがとうございます。
認めたくなかった自分は、
本当の気持ちがしまわれた扉の鍵を持っています。
その奥に隠された物は何なのか?
鍵を開けるには、まず鍵を持っているその自分と
ちゃんと向き合う必要があるのです。
置き去りにされた自分の声を聞いてあげること
その自分との対話・・
それがとても大切なことなのです。
扉の中にあるものは、自分にしか発見できません。

その発見を一緒にしてみませんか?

 

 

セラピーの感想を頂きました

今回は仕事のときに感じる不安感」をテーマに
MR(マトリックス・リインプリンティング)という
セラピーを受けて頂きました。

みっともなくて弱くって情けない隠したい自分。
本当は自分でもみたくない部分を掘り下げていく
作業は痛みがありましたが、よしこさんの温かい雰囲気に、
抵抗なくだしていけるのは不思議でした。
そしてやはり出てきたのは両親の顔。
記憶にないはずなのに、お腹の底や胸の
あたりからどんどん悲しみや怒りがでてきて、
体は覚えているのだ、と思いました。
様々な感情が沸き上がり、
しっかりと向き合う度に涙が瞼から
勝手に落ちていく不思議な時間でした。

根底にあった不安感が軽くなり、
何かあっても私は私を大切にして、
自分に寄り添ってあげよう、
と思い始めています。
相変わらず日常生活では色々なことがおきますが、
何かある度に、その感情をジャッジせず
感じることを意識するようになってきました。
今まで、自分の感情を感じないよう
長く生きてきたんだな、と思います。
まだまだ自分の心のこと、
わかっていない不思議なことがいっぱいで、
深く学びたい!という強い気持ちがでてきています。
MRのセッションを受けてとても良かったです。」

お客様の感想