依存症に取り組む

あなたには、やめたいのにやめられない事って何かありますか?

高齢の女性がパチンコがやめられず、夫に内緒で多額の借金をしてしまうというドキュメンタリー番組を観たことがあります。この女性はギャンブル依存症だったそうです。

依存症にはアルコール、仕事、薬物、スイーツ、ネット、ギャンブル、買い物、ゲーム、スマホなど自分では止めようと思っているのにやめられないものを言います。例えば、アルコール依存の場合、家にアルコールを置かないとか、酒場に寄らないようにするとか対策があります。
しかし、このようにどうにかしてやめられないものを避けようとしても原因になっているものを見つけない限り、依存症を止めることはできません。ギャンブル依存症の女性も何度もこれは良くないと思い止めようと努力をされています。パチンコへ行き負ける度にもう二度とパチンコはしないと誓うのに、また翌日になるとパチンコをしたくて仕方がないのです。頭で分かっていることと、行動は別だったりします。どんなに自分に言い聞かせてもその行動を止めることができず、結果的に意志が弱いと自分を責めたりひどい自己嫌悪に悩んだりします。
私がカウンセリングで使っているEFTというセラピーで依存症を取り扱ったものがあります。本当に効果があるのか私は自分の依存症をこのセラピーを使って取り組んでみました。

私はここ何年もお菓子を食べる習慣がやめられなくて困っていました。何度も止めようとお菓子を買うのをやめたり、食べたくなったら水を飲んだりしていましたが無理でした。お腹が空いていない時も食べたくなったり、味わうこともなくただ口に入れていることもありました。
いつ頃からこの習慣が始まったのか思い出してみると、6〜7年前からお菓子を食べるようになったことが分かりました。
その頃、ちょうど子育てが一段落してほっとした時と重なります。
お菓子を食べたくなるのは、外出先ではこの衝動は起きません。決まって家に帰った夕方、一人でいる時に起こります。家に誰か人がいる時も起きません。
私が一人で家にいる夕方のシーンからセラピーをスタートしました。お菓子を目の前にしている私は、その時何を感じているのでしょう?
セラピーで見えてきたのは、今にも泣き出しそうな自分でした。
夕食を作っても誰も帰ってこない夜。私は母としての自分や主婦としての自分が全てでした。毎日のサイクルが子供や家庭が中心になっていました。ご飯を作り、掃除や洗濯、家事をこなす日々。それが、子供が巣立ちもう私のことを必要としていないことが分かり自分の価値がないように感じたのです。
この空虚感を感じるのはとてもつらすぎました。この空虚感は夕方から夜にかけて心に沸き起こりました。すると知らず知らずのうちにお菓子に手が伸びていたのです。
この虚しさを感じないためにお菓子を食べるということで自分をごまかしていたのです。お菓子を食べている時だけがこの虚しさを忘れられ、価値の無い自分を感じないでいられたからです。セラピーではこの虚しさを感じでいる私を受容しながら感情を解放していきました。

その後、毎日お菓子を食べていた習慣を止めることができました。

依存症は行動を止める方に力を注いでも、なかなか止めることはできません。
その元になっている原因を見つけないと根本的には良くならないと自分の経験で分かりました。
そして、依存症に取り組むにはかなりの決意と一緒に取り組んでくれる人がいないと難しいと思いました。長い間、習慣になっているものほど一人で取り組むのは難しいように思います。

このようにセラピーで自分の問題になっている行動を止めることが可能になり、自分のやりたいことに力を注ぐことができるようになります。私は運動という習慣を取り入れ筋肉がつき体が軽くなってきました。

今は自分の意思でお菓子を食べたり、やめたりすることができます。以前のように無意識にお菓子を食べるということはありません。
そして、前より味わって美味しいものを食べることができています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です