心のブレーキをゆるめる

何も起こっていないのに、そこに不安を感じている。

例えば、人前で発言するのが怖いとき、
大勢の人たちの視線をどんな風に感じているのでしょうか?
「みんなが冷たい目で見ているように感じて緊張する」
事実はただ、
何十人かの人が自分を見ているだけです。
みんなが冷たい視線で自分を見ている
怖いと解釈して体の緊張が起きているのです。
もし、みんなが嬉しそうに自分を見てくれている♪
自分を応援してくれている♪
そのように見えたら緊張感はどうでしょう?
無意識にしているこの解釈は、自分のインナーチャイルドの反応なのです。

では、このようなインナーチャイルドの
怖さを緩めるにはどうすれば良いのでしょう?
大きな声を出したり、話すトレーニングをする
このような訓練をすることが有効でしょうか?

まず、この怖さがどうして起きているのか?
この理由を理解していく必要があります。
行動が出来ないのは、
インナーチャイルドが自分を守っているからなのです。
もうこれ以上、傷つかないようにしてくれています。

ですから、この警戒感をセラピーで
癒して怖さを緩めてあげます。
また、誤って学んだことを学習しなおす必要もあります。

カウンセリングでは、
どのような解釈しているかを
知るためにさまざまな質問をします。

人前で、発言して
「失敗して大勢の人に笑われて恥ずかしかった」

この体験が心の傷として残っている場合、
インナーチャイルドは自分を守るために、行動にブレーキをかけます。
人前に立って発言する→人の目→
冷たい目に(見える)→攻撃・笑われる→怖い→体の緊張→発言が出来ない
(こんな風に見えていたらリラックスできないですね)

セラピーで凍り付いた感情を解放します。
「本当は笑われても大丈夫」
「失敗しても大丈夫」
「自分はなんとかやれる」
こんな風に潜在意識にインプットをする事が
可能になります。

もしあなたが不安な気持ちで
なにかしたいのに出来ないとしたら
心の声を聞いてあげましょう。
自分の本当の望みはなんでしょう?

潜在意識のセラピーで解決していきましょう。
あなたの本当の望みのために。

カウンセリングをご希望の方は
オンラインセッションを
お申込みください。

ブログランキングに参加しています。もしよろしければご協力お願いします

インナーチャイルドを癒すと行動に変化が起こる

インナーチャイルドとは?

インナーチャイルドは、内なる子供と訳されますが
小さい頃の傷ついた記憶ではありません。
その記憶から学んだ潜在意識の反応パターンを
インナーチャイルドといいます。

子供は親から愛されたい、認めてもらいたい、安全な場所で安心して生きたいと思っています。
これらが満たされるとその子供の土台に安心感が生まれます。
成長の過程で困難に遭遇しても乗り越える力が備わります。
土台は植物で言うと土の中にある根っこの部分です。
根っこが不安定でグラグラしていたら、葉っぱが成長できなかったり、少しの風で倒れてしまったりするのです。

親からの愛情をもらえなかったり、助けて欲しい時に無視されたり、認めてもらえなくて心に傷を負った子供は、その満たされない心の痛みを抱えたまま成長していきます。
この経験が幼ければ幼いほどダメージを受けやすくなります。
ダメージを受けた子供は親を喜ばせるために必死になり、自分の本心よりも相手の顔色を意識しながら行動するようになるのです。
自分より相手の方が力があり、価値も相手の方が高く感じます。
これが、いつの間にか大人になっても生き抜く術として、自分の行動パターンとして身についていきます。
物事の解釈もこのインナーチャイルドが基準になります。
インナーチャイルド(潜在意識)を癒さない限り、自分の思い癖、行動の癖は変わりません。
もちろん全て自分を守るためにしている事ですので、悪者ではありません。
ですが、自分のインナーチャイルドに気付かないでいると、今のあなたの行動に悪影響を及ぼします。


まずは、自分のインナーチャイルドを理解しましょう。
あなたは、どんな時に心が乱れますか?
・友人が親に甘えているのを見るとき
・人が悪口を言っているとき
・同僚が昇進したとき
・友達が幸せそうなとき
・人が頼ってきたとき
・親が兄弟をほめたとき

自分の心が反応するのは
満たされないで傷ついている痛みがそこにあるということです。

まずは、この痛みに寄り添いながらインナーチャイルドの
話を聞いてあげましょう。
小さな自分の言い分を全て言わせてあげましょう。
抑えていた感情があるか聞いてあげましょう。
怒り、悲しみ、恥かしさ、みじめさ、怖い、焦り、孤独感、不安。
そしてこの痛みや、抑圧した感情があったから自分はいつも同じパターンを繰り返していたことに気付き
潜在意識の中にある自分とつながることを意識してみましょう。

インナーチャイルドの感情と痛みを癒すことによって、
潜在意識の反応パターン(いつも痛みとネガティブな感情を避ける)

とらわれるものが無くなる

自分への信頼感を取り戻す

他者への信頼が生まれる
このような認知のシフトが起こります。
やがて
自分に力が取り戻せるようになり
自由な表現や行動ができるようになります。

ここからがあなたの本当のスタート地点です。











カウンセリングで傷つかないために

あなたがカウンセリングを受ける前の不安は何でしょうか?
初めて会うセラピストにこんな事話していいのか?
もしかしたらセラピストに嫌われないかな?
変な人と思われたり軽蔑されてしまうのでは?
そのような不安が生まれるのは当り前です。

この悩みを人に言ったら自分がダメな人間と思われるかも?
きっと自分の気持ちを理解してもらえない。
もしかしたら自分が相手に責められるかも。
人にこの秘密がばれるかも。
こういった心配があったら、どんなにつらくても
悩みは自分の胸にしまって誰にも言えませんよね?

でも一番嫌なのは、人に話してまた傷つくのが怖いのです。
意を決して、自分のつらい過去の出来事を話したのに
もし相手が「それはあなたにスキがあったからじゃない?」
とか「あなたの意思が弱かったからじゃない?」などと意見を言われたらどうでしょう?
また「もっとこうすべきだ」「もっとこうあるべきだった」とアドバイスをされたらどうでしょう?
もちろん相手は良かれと思って言ってくれるのですが。
また「あなたは罪深い」「あなたはひどい人間だ」と思われたら・・
あなたは二度傷つくことになります。

カウンセリングを受ける時にも同じ不安が頭をよぎるのです。
そうなれば、
絶対にセラピストに心を開けないと思います。
時々、カウンセリングを受けて傷ついたという話を聞く事があります。
それは本当に気の毒な事です。


セラピストは自分の解釈で相手を見ない訓練を積みます。
クライアントのとった行動をジャッジすることはありません。
つまり良いとか悪いの判断をしないのです。
それよりも、なぜその行為をしたのか?
その時にどれだけ傷ついていたのか?
何をがまんしていたから、そのような言葉を言ったのか?
なぜ自分を否定しているのか?
どうして自分を良くないと思ったのか?
このような視点で話を聞いています。

私は常にクライアントの心に寄り添いながら、悩みを聞いています。
どうぞ安心して、どんな悩みでもお話ください。
ご自分の中にある醜さ、嫉妬深さや汚さ、情けなさや罪深さ・・
何があっても大丈夫です。
絶対に判断を致しません。秘密も守られます。
誰にも話せないつらい気持ちをカウンセリングで伺います。







周りにいる嫌な人

「あなたのことを思って言っているのよ」
「将来が心配だからもっとこうすれば・・・」
「そんな会社にいて大丈夫なの?」
「もっとメールの返信を早くして」
やたらとLINEやメールを送ってくる人
周りに愚痴を言ったり、人をマウントしたがったり
ヒステリックに怒ったり・・

こういう人が近くにいると、本当に心が疲れます。
あなたの為を思って言ってあげているのに・・
あなたを心配しているからアドバイスしてあげている
寂しいからもっとこうして欲しい、またはあなたはそうすべき。
この愚痴や怒りを聞くのはあなたの役目
あなたは私の指示にしたがっていれば失敗しない
このような人は、相手の心の領域にズカズカと入ってきます。
心理学でいう心の境界線(バウンダリー)をしっかり引けていないと
相手は簡単に自分の領域に侵入してしまうのです。
この侵入を我慢していると、いつの間にか耐えられなくなり相手との間に
シャッターを下ろすことになってしまいます。


境界線の難しいところは、相手と自分の程よい距離があいまいだというところにあります。
ここまではあなたの領域です。
ここからは私の領域です。
ですから、入らないでください(あなたの影響を受けません)
これをしっかり持つことが大切です。
別にこれを相手に言う必要はありません。
話を聞きながら自分の心の中で、この境界線が引けていれば大丈夫です。
そして無言でできるだけ意識して距離を置きます。
心の決壊を張るような感じで
過剰な侵入を防ぐことができます。
*私はこれ以上あなたの侵入を許しません。
あなたの言葉に傷つきません*


もし、あなたが嫌な人の場合は
どうして自分は相手の領域に入っていってしまうのか?

どうして、私は相手のことがこんなにも心配で色々してあげたくなるのか?
なぜ私はこんなに押し付けがましいのか?
子供に過干渉になってしまうのか?
こんなに愚痴をこぼしたり、文句を言いたいのか?
なぜ相手のメールの返信が遅いとキレてしまうのか?

一度自分の心の中に何かないか、自分を見つめる必要があります。
相手が不安に見えているとき、必ずと言っていいほど
自分の心の不安感を相手に映し出している可能性があります。
子供が一人でやっていけるかどうか心配で、色々口出ししてしまう。
失敗したら、その子は立ち直る力が無いと信じているのです。
もし子供に立ち直る力があると知っていたらどうでしょう?
この失敗もきっと子供の人生で何かの糧になる。
この子はこの挫折を知ってさらに強い人間になれる。
こんな風に思えたら不安感はどうでしょう?

どうしても相手の領域に入ってしまう人はぜひ、
自分の不安感や焦りの感情に気付きましょう。
あなたのためを思って・・そう言いながら境界線を越えているとしたら
完全にあなたの不安を相手に、映し出していることに気付きましょう。


境界線は小さいころの環境の中で自然に引けるようになります。
でも親の心が不安定だったり、過干渉だったり、
威圧的だったりすると、常に親の顔色を見ながら成長します。
そもそも自分の領域を知らなかったり、侵入されることに慣れていたり、
境界線を引くことに罪悪感を持つ場合もあります。

でも大丈夫です。
心の境界線は大人になってもいくらでも引けるようになります。

まずは自分の領域を知りましょう!
そのスペースが自分の安心基地です。