アロマテラピーとは?

アロマテラピーとは

アロマという言葉は最近よく耳にするようになりました。
いい香りのするシャンプーやボディソープの名前に多く使われていますね。
アロマ(Aroma)とは香りを意味し、テラピー(Therapy)は療法を合わせた
アロマテラピー(芳香療法)という造語になります。
アロマテラピーは植物の有効成分(精油)を使って行う自然療法なのです。

精油(エッセンシャルオイル)とは?

オレンジのフレッシュな香りを嗅いだ時に食欲が出てきたり
森林を歩いて木々の香りに心が落ち着いたり
花の香りで悲しみが和らいだり
私たちは植物の香りによって、体や心は知らない間に癒されています。
精油(エッセンシャルオイル)とは植物の葉、枝、花、種子、果皮、樹皮からとれる天然の化合物が何百種類も集まって出来た有機化合物です。その液体に含まれる香りの成分を使ってトリートメントや芳香浴、アロマグッズやコスメを作り様々な方法で体や心の自然療法を行うことができます。
この精油(エッセンシャルオイル)と呼ばれるものは100%天然の成分のものしか使えません。